2018-01-12
PREMIUM BANDAI 限定 UNICORN GUNDAM 噴咀杯!!


PREMIUM BANDAI 限定 UNICORN GUNDAM 噴咀杯!! 
P-BANDAI 2018年1月12日接受訂購,3月推出,8,640YEN






 




訂購網址:  http://p-bandai.jp/item/item-1000121533/

本商品は、日本の伝統や優れた技術を、ガンダムの情報発信基地「Gundam Café」から広める「Discovery-G」シリーズ第十弾です。2017年9月からダイバーシティ東京 プラザで実物大立像としても展示されている「RX-0 ユニコーンガンダム」の背部にあるバックパック内の円錐台をした噴射装置“バーニア”をモチーフとしたタンブラーです。
ガンプラとして既に販売されているRG、PG版などの設定資料を参考に、機能性、デザイン性を追求してタンブラーを設計。燕の金属加工職人が設計をもとに試作を重ねて誕生しました。
素材にはあらゆる金属の中で最も人体に無害なTP270チタニウムを使用。軽くて錆びず、耐久性に優れた理想の金属です。また容器は「ダブルウォール構造」と呼ばれる中の温度が変わりにくい二重構造で、飲料の冷たさや温かさを長い時間保つことが可能となっています。
側面の波打つ凹凸のディテールは1枚のTP270チタニウム合金版よりスピニング加工(平絞り加工)で再現しており、匠にとっても非常に気を遣う作業でした。均一な波打ち形状、角度を表現するのはまさに職人たちの腕の見せ所です。また今回の表面加工は通常の磨き加工ではないブラスト加工を採用し、従来のバーニアタンブラーとデザインを一新しました。研磨材(小さな粒)を圧縮した空気を利用して、製品に研磨材を打ち付けるブラスト加工をすることで、金属表面はマットで上品な仕上がりとなっています。

■「Made in TSUBAME」とは                     
寛永3年(1626年)信濃川氾濫をきっかけに農家が副業として江戸の和釘鍛冶職人から和釘作りを学び、作り始めたところから今の燕金物産業が始まりました。金属加工の最高峰といえる燕の匠達の手により魂が注がれ、空想の世界のパーツが「Made in TSUBAME」の印を刻まれて実用品として誕生しました。

-確かな品質の保証-
新潟県燕市で生産された優れたデザイン・品質の商品に対して、燕商工会議所が審査・認証を行い、許可を得た物だけが燕のロゴマークの使用が許されています。
■商品概要 ※工程が手作業のため、商品に個体差が生じますのでご了承ください。

【セット内容】
 タンブラー1個(桐箱入り)

【商品サイズ】
 外形寸法 直径約78mm×高さ約95mm
 容量 約200ml

【商品素材】
 TP270チタニウム製

【生産国】
日本製(Made in TSUBAME)

【対象年齢】
 15才以上

【商品お取り扱い】
 バンダイ公式 ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」
 GUNDAM SQUARE(ガンダムスクエア)
 GUNDAM Cafe(秋葉原店、ダイバーシティ東京プラザ店)

 ※本商品はGUNDAM SQUARE,GUNDAM Cafe各店で2018年1月27(土)より店頭販売される商品と同仕様です。
 ※プレミアムバンダイにてご注文のお客様へは2018年3月以降のお届けとなります。
 ※準備数に達した場合、早期に販売を終了させていただくことがございます。
 ※お届け時期を変更し、ご注文を承る場合がございます。
 ※商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。
 ※掲載している写真は開発中のため、実際の商品とは多少異なる場合があります。

【商品のお問い合わせ先】
 高桑金属株式会社
 TEL0256-63-6081(平日9:00-17:00)

【バーニアタンブラー チタニウム製品についてのご説明】

必ずお読みください<本商品についての注意事項>

■本体の横線部の重なり部分及び、側面凸部周辺の凹みについて
横線部の重なり部分につきましては、側面の凸部分を中心に4工程のプレス加工にて横線を表現しております。その際に繋ぎ目部分が2回プレスされる状態です。その為、線の重なり部分が他の部分に比べて目に付きやすくなっております。側面凸部周辺の凹みにつきましては、内側からプレス加工を施しております。その際に材料がなだらかに持ち上げられ、横線との接合部が目につきやすくなっております。これらは燕の伝統的な加工方法で成形する製造工程で生じるもので不良ではございません。

■本体の発色加工について
チタニウム特有の焼け色を再現するため、陽極酸化被膜による発色加工を施しております。1つ1つを手作りしておりますので被膜の形成に個体差が生じ、色ムラやすじ状のムラが現れます。また、被膜は摩耗しやすいため、洗浄や使用頻度によって発色が変化をいたします。手づくりの味と経年変化をお楽しみください。

【お手入れの仕方】
使用後は、被膜の摩耗を早めますのでやわらかいスポンジで洗った後、よく乾燥させ湿気を避けて保管してください。食器洗浄機の使用はお避けください。また、クレンザー、金属タワシ類、ナイロン不織布面などは使用しないでください。表面に傷が付いたり変色や脱色の原因となります。



熱門新聞
Movie
玩具新聞
電子世界
Copyright © 2018 Point Media Limited. All Rights Reserved. 版權所有 不得轉載